スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越してます

このサイトは コドリバ に引越しています。



その他、ごった煮です^^;
スポンサーサイト

『生き残った者の悲しみ』 イ・ビョンホン (3)

11話.彼らは選択した/12話.彼らは待った/13話.彼らは忘れられた/14話.彼らは旅立った/15話.彼らは希望を開いた/16話.彼らは愛する方法を知った

更新が遅くなりました。この記事、長くなります。

さて、最終話まで観てしまった。
(1)で疑問のAかBかは教えて戴いたとおり、Aであることが判明した(ありがとうございます!)。
ということは、ララが中心。このドラマはララに捧げられている。
その通りの作りで、ララが死んだあと、タマシイが抜けてしまったかのようなテンポダウンと、説明、まとめに入る作りが残念な出来となってしまった。死んだあとの残務処理が長すぎると思う。最終話の1/4ほどでララが死んでしまい、残りの時間を使ってその後を描いた方が良かったと思うけど…、しかし、ドラマであることを考え合わせれば、これも仕方がないのかなぁ、と。視聴者が納得しないわけで。よくある意見として、「誰と誰がくっついたのかハッキリしてください」、「どうしてこうなったのかキチント説明してください」等々、コワモテの面々が控えているわけで…(笑)。それでお父さんが出て来てしまったわけだ。愛する方法を知るために。描かないことで厚みを増していたこのドラマの良さが、あからさまにチャミョンのバックグラウンドを出してしまうことで(お父さんのことね)、分かりやすいドラマに落ちてしまった。まさに、コワモテの面々に答えてあげたという図式だ。誰と誰がくっついたのか。それはチャミョンとディディです。なぜチャミョンは愛し方を知らなかったのか。それは父を知らなかったからです、と。

つづきを読む »

テキスト系

やややッ、うちは完全にテキスト系、汗。
映画、ドラマサイトで、こんなに画像がない所って、少ないンじゃないだろうか。
使用が許可されている画像は、アマゾンさんが貸してくれる、商品画像だけだから、それに従うとこんなことになってしまいます。
だからといって、キャプチャ等を使っている人を指して、どーこー言うつもりはまったくありません。みなさん自己責任に於いて使っておられるのでしょうから、何様でもない、私ごときが、横から口を挟むべきことではないと、その辺はよく心得ております。
ただ、うちのサイトを読まれる方々は、苦痛だろうなぁ、とは思います、大笑。
適当に読みとばしてくださいませ。基本、ひとりごと、メモ帳です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。