スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花影、韓国ツートップ、イ・ウンジュさん。

キム・レウォンと山本未來による映画『花影』が、3月8日より全国順次ロードショー。
キム・レウォンさんは『屋根部屋のネコ』と『愛してると云って』の、2本のドラマでしか見たことがなくて…。『愛して~』は凄いドラマだったなぁ。ヘタな役者が演じれば底の浅い昼ドラになりかねない、危うい所を通って寂しいけれど欲望にまみれた恋を表現していた。演出も冴えていた。こんなこと韓ドラでしか出来ないと思う。
山本未來さんは映画『不夜城』で見たことがある。ごめん、本音で書くと金城武さんをクった演技で良かった。金城さんは映画『恋する惑星』の方が良かったかも、と個人的に思う。
「善悪の2面性の狭間(はざま)で悩み、苦しむリアルな女性の心模様を、メロドラマで書きたかった」脚本家の市川森一さん。
「日本と韓国の垣根を取り除くような映画を作りたかった」河合勇人監督。
韓国って近い国なんだけど、やっぱり外国で、文化の違いは相当に大きく、あらゆる場面で「感覚」の違いを感じる。なのに作品となれば理解できたりよく分かったりするから不思議。表面的に解釈しちゃいけない、ってことなんだよなぁ。みんな生きた人間で、痛みもすれば喜びもする。
こんなふうに互いに行き来して、一緒に汗を流してドラマや映画を作ることが素晴らしいと思います。主題歌は、sg WANNA BE+ の大ヒット曲。アリランって、このアリラン? 自分の国の言葉で歌っているところがいいですね~、沁み入る。 
朝鮮日報の記事
『花影』(オフィシャルサイト)
キム・レウォン ジャパンオフィシャルファンクラブ
sg WANNA BE+ オフィシャルサイト

「韓国映画界は今…俳優ツートップ時代(Cinem@rt)」だそうです。
ピョン・ヒボンとシン・ハギュン主演の『ザ・ゲーム』、キム・ユンソクとハ・ジョンウ主演の『追撃者』と、興行的にも成功している様子。公開が予定されている映画もツートップが続き、アン・ソンギとチョ・ハンソンの『マイ・ニュー・パートナー』、ソン・スンホンとクォン・サンウの『宿命』、ハン・ソッキュとチャ・スンウォンの『目には目を歯には歯を』、とまだまだ続きそうですが…。
コントラストを、より強く出そうと思えば、ツートップは効果的だろうなぁ。白をより白く見せるために、黒をより黒く見せる。双方主役にしてぶつければ、最大限、観ている人へとガツンと迫る。
しかし、ここでも忘れてならないのは、演技力が一定水準以上なければガタガタになってしまう。ホンだけ良くてもダメだし、監督や演出だけがんばっても期待した効果は得られない。チームワークの大切さを思う。今の日本の若い役者に出来るかなぁ(汗)。そういえばフジの『東京タワー』、あれは凄かった。主役を周りがガッチリ支えて主題歌まで支えてくれて、ようやく泣けた(笑)。日本もがんばれ~。

2005年2月22日に亡くなったイ・ウンジュさんを偲ぶ会が韓国で行われていたらしい(朝鮮日報)。私生活に近い、そのままの彼女の画像を、どこかのサイトで見たけれど、年相応のフツーのお姉ちゃんで、映画の何かで遊びに来たという画像だったけど、まるで雰囲気が違っていて、驚いた。いかに自分に負荷を掛けて懸命に演じてきたのか。カメラの前に立てばそこは戦場だ。一見華やかな表舞台の裏側を私たちは決して知ることができない。「みんなに愛されている人は、誰にも愛されていないのだよ」、と友達が言っていたけど、そうかも知れないし、そうでないかも知れない…。



スポンサーサイト

いろいろ♪

先日ご紹介したキム・ギドク監督の映画、『非夢』が、今年中にも日本で公開、韓国では、5月に公開予定だそうです(詳細:eiga.com)。相手役の女優さんはイ・ナヨンさん。私はドラマ『アイルランド』でしか見たことがなくて(たぶん)。自分の内側を、内臓ごと吐き出すみたいな映画監督が、吐き出しきったのち、捕らえるべくして世界が拡がっていった様子です。できれば映画館で見たいですネ。

イ・ビョンホンさん。
私的にツボの『生き残った者の悲しみ(動画)』過去記事)は、やっぱりいいですね。メモがたまってます。『風の息子(動画)』も見ました。なるほど、これを言っていたのかと、ガムとか、いろいろと(にっこり)。エンタメ色が強く、力強い内容になっていると思います。同じヤフーさんで、『ポリス ~愛と追憶の果てに~(動画)』が新しく入っていました。本格刑事アクションドラマと案内されています。映画→ドラマの順番で、イ・ビョンホンさんを見てきたせいか、1話、2話と、順番に構成が組まれていった、話が途中で途切れるドラマよりも、広さも深さもノンストップで深まって行く映画に出ているビョンホンさんの方が、私的にはビョンホンさんらしく感じられて、好きだったりします。なんとなく、窮屈な感じがするのだよなぁ…。ドラマには、ドラマの良さがあるから、頭を切り替えて、楽しみたいと思います♪

チョ・ヒョンジェさん。
『薯童謠(ソドンヨ)』の日本版DVDが発売されるという記事を書きましたけど、私の所にも、届きました。おそらく今のところアマゾンさんが一番安く出しているのじゃないかな。予約品は価格が変動しますので、ご注意を。それでもちょっと高いかな、とチラッと思ったけど、現物が届いてみれば、ぜんぶチャラです、大満足です(笑)これはカッコイイですよ~。ディスクが7枚綴じられていて、透明のケースに1枚ずつ入っています。登場人物、1人ずつ、お顔がディスクに印刷されていました。フツーですか?(笑)美しいのです!「ヒョンジェが家に来た」と思わず口走ってしまいました。韓国版DVDも美しいですが、日本版の方は、ぐっと落ちついた? 感じのデザインとなっていました。ただ、ヒョンジェさん、強行軍に長期間の睡眠不足で…、演技、もっと上手ですよぉ。ストーリーが面白いからサクッと見れるけど、ヒョンジェファンとしては、せめて、睡眠を! とやはり言ってしまいます。


ヤフー動画でみる!イ・ビョンホン 『風の息子』

1995年に韓国で放送された「風の息子」は、彼のの俳優人生の上で転機となった作品である。この作品以前のイ・ビョンホンは“さっぱりした感じの青春スター”というイメージでとらえられていた。しかし、「風の息子」のチンピラ、ヨンピョン役を見事に演じきり“男らしい香りの漂うワイルドな演技”が高く評価された。そしてこのドラマで認められたことがきっかけとなり彼は“幼い頃からの映画俳優として認められたい”という夢を叶える事が出来たのである。
『風の息子』公式ページより



『生き残った者の悲しみ』に浸っているところに、『風の息子』が始まってしまいました。
ヤフーさんのレビューには、ワイルドなビョンホンさんがいいとコメントが付けられていましたが、ビョンホンさんの凄いところは、ワイルドな役も演じるけれど、『生き残った~』のような内省的な役も、きちんと演じられるところです。作家の村上龍が言ってましたけど、韓国人俳優は知的なことを言うと。私もそう思います。とくにビョンホンさんは哲学者のようですね。多くのことを考え、経験し、本も沢山読まれてきたのでしょう。ワイルドだけど、それだけではないところがいいと思います。ちょっと私、ハマってます。『風の息子』も見る、見る!

私がよく利用しているアマゾンの検索結果を見ますと、やはり、『オールイン』が強いですね。『生き残った者の悲しみ』が16位。『風の息子』は21位でした。
どんな役でも誠実に引き受けて、スタンド・プレーをしなかったビョンホンさんに対しての、現場の信頼は、こうして何年もかけて築き上げていった結果なのでしょう。1作、1作と、別のビョンホンさんに出会うことができます。

つづきを読む »

ヤフー動画でみる!イ・ビョンホン 『生き残った者の悲しみ』

僕の20代が駆け抜けていく 
喜びと悲しみと喪失感 混沌とした中で生きる自分
自分は何なのか 生き残った者には理由があるはずだ
『生き残った者の悲しみ』第1話



世界へと邁進中のイ・ビョンホンさん。
1993年放送のTVドラマ『生き残った者の悲しみ』(KBS)が、Yahoo!動画で始まりました。
「1988年ソウル五輪前後、軍事政権から民主政権移行の激動の韓国。その時代を生き抜いた青年の愛と悲しみをリアルに描いた青春ドラマ。主役のチャミョン役は、若き日のイ・ビョンホンが演じる。(作品詳細の解説より)」
ブログ記事だけで、公開当日、すでに100本近く記事が書かれています。
解説を読むかぎり優しいだけのメロドラマではないはず。期待大。私も見ますよ!




つづきを読む »

韓国、徴兵制の国の人。

『コーヒープリンス1号店』(MBC)に出演していたコン・ユさんも、大韓民国のために徴兵制度を受け入れ兵役したらしい。記事に出ていた。 コン・ユ「大作映画を撮ってくるつもりで頑張ります」(朝鮮日報) 集まったファンに向かってクンジョル(額を床につける韓国式のお辞儀)をしたらしいから、人気急上昇の役者として心中複雑であったのだろうか…、それでも「大作映画を撮ってくるつもりで~」、とのコメントを残している。通常であれば、軍隊生活を2年間も強いられるという。

じつは私の好きなチョ・ヒョンジェさんも、対象者として名前があげられていた。
ちょっと古い記事だけど抜き出してみる。

精力的に活動を繰り広げている俳優がほとんど同じ年ごろであるため、入隊の時期も同じころになることが多い。このような男性スターたちの「一斉入隊」は、俳優不足に頭を抱えている韓国映画界とテレビ業界の悩みの種となっている。(略)
08年の芸能界は05年以上の男性俳優空白期が到来する見込みだ。チョ・インソン、コン・ユ、キム・レウォン、チョ・ヒョンジェ、チョン・ジョンミョン、ヤン・ドングン、イ・ドンゴンなど、最近ドラマや映画で活躍している看板クラスの俳優たちが一斉に入隊するためだ。
軍入隊組続出で俳優不足…除隊組・新人にチャンス到来!?(朝鮮日報)



つづきを読む »

You raise me up

モノクロ映像を中心に、westlifeの『You raise me up』。
チョ・ヒョンジェさんのファンサイト『EVER JOHYUNJAE』のTOPで流れているMVです。こちらは定期的に変更されますが、このMVはSungJUさんというファンの方(?)が作られたものだそうで、ヒジョーにキレイです。(参考:forever johyunjaeチョ・ヒョンジェ♪

この『You raise me up』という曲は、「元々はノルウェー人男性とアイルランド人女性のニューエイジ・ミュージックのデュオ「Secret Garden」が2002/02/08にオランダで発表したアルバム『Once in a Red Moon』の2曲目に収録されている曲」なのだそうで(引用:『You Raise Me Up』についていろいろ)、調べてみましたら、なんと120組以上のアーティストが既にこの曲をカバーしている、らしい。とんでもなく幅広く解釈されて、さいしょにこの曲に込められた精神が、どこかへ吹っ飛んでしまっている曲も、なかには見受けられるけれども、『You raise me up』と言えば、やはり荒川静香さんが使っていた、Celtic Womanヴァージョンが有名ですね。宗教的な、祈りに近い曲です。黙した先に息づく、心から湧き上がる言葉。神よと崇める国民性ではない私たちには、ほんとうの意味では理解できないけれども、がんばっている人の、胸に響きます。日々作られては消費されていくばかりの商品とは一線を画した、永遠の名曲となるのでしょうね。

HERO、観ました?

blog検索してみました。

イ・ビョンホンさんが、あんなにチョイ役だとは思わなかった。もっと出てるかと、期待したのに…。
韓流とか興味なかったけど、キムタクより、イ・ビョンホンさんの方が、かっこいい!
これは、てっ、テレビ??

全国週末興行成績によりますと…、
「低調な秋興行が続くなか、この週末の公開初日作品は多かったものの強力な作品がなく、「HERO」が6週連続の首位。動員550万人、興収70億円を突破し独走を続けている。さすがに勢いは落ちてきて当初目標の100億円超えは難しく、80億円は超えそうだが、同じくフジテレビ製作の「西遊記」(興収44億円)と合わせて200億円とも言われていた数字は大きく下回りそうな状況。」となっていました。

映画業界の斜陽、代わりにテレビ局が自社のノウハウを駆使して映画を作る時代ですよね。テレビと映画を連動させているところが強味でもあります。西遊記が香取慎吾さん、HEROが木村拓哉さんと、あぁ、またここでもジャ○ーズさんが、汗。
木村拓哉さんもイケメンだけど、いっしょに映画に出ることによって、まだまだ知られていない、イ・ビョンホンさんを、みんなに知ってもらう良い機会でもあったのかも。
たぶんHEROは観に行かないと思いますが、あの2作品は(トラン・アン・ユン監督とか)観に行きたいですね~♪
最悪ダメでもDVDで!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。