スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北野武の自殺願望

あの時の、バイク事故――
「自殺願望があったのですか?」と蓮實重彦さん。
「記憶がない。現場の血を見てぞっとした。『自殺したんだな』と思った。下手したらもう1回するような気がする。一番のファンは一番足を引っ張ろうとする。その人が落ちていく様を見たがっているものだと事故の時に痛感した」

つづきを読む »

スポンサーサイト

『甘い人生』 イ・ビョンホン/キム・ヨンチョル/シン・ミナ

『甘い人生』イ・ビョンホン甘い人生
2005年韓国映画。
監督・脚本:キム・ジウン
出演:イ・ビョンホン(キム・ソヌ)、キム・ヨンチョル(カン社長)、シン・ミナ(ヒス)

ある秋の夜――
夢から覚めた弟子が泣いていた
その姿を見た師匠が不思議に思って聞いた
“怖い夢か?”
“いいえ”
“悲しい夢か?”
“いいえ――。甘い夢でした”
“なぜ泣いている?”
弟子は涙をふきながら低い声で言った。
“その夢は叶わないからです”

つづきを読む »

かんてら通信

サイト名、もう変えない、笑。

この留守中に観た映画DVDです。
・甘い人生
・アビエイター
・小説家に出会ったら
・北の零年
・サッド・ムービー
・王の男
・ダンサーの純情
・硫黄島からの手紙
・父親たちの星条旗
・善き人のためのソナタ
・トンマッコルへようこそ
・ディパーテッド
・ミリオンダラー・ベイビー

あと、よく聴いた曲は、QUEEN。
bohemian rhapsodyとか、too much love will kill youとか、いいねぇ。

順次、更新していきます♪


映画の味

男たちの挽歌ジョン・ウー監督の『男たちの挽歌』を思い出す。私はまだ10代で、場所は都内某所、誰かといっしょに夜中の映画館で観た記憶がある。誰といっしょに観たのか…、それは思い出せない、けれどこの映画の、さまざまな場面が、すでにストーリーさえも忘れかけた私の頭のなかにふっと浮かび上がって、ほとんど一方的に、せつない気持ちにさせる。あの映画館の椅子に腰掛けて観た、スローモーションで映し出される銃撃戦は、兄弟間の愛憎にまみれた苦しくも感動的な場面の連なりで、となりに誰が座っていようとおかまいなしに、ボロボロに泣いて観たものだ。どうしてあんなにも感動して観たのか。いまでも私は感動して観るのだろうか。それを確かめるため、もう一度観てみたい気もするが、いまのところ思い出すだけで満足している。

つづきを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。