スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『生き残った者の悲しみ』 イ・ビョンホン (3)

11話.彼らは選択した/12話.彼らは待った/13話.彼らは忘れられた/14話.彼らは旅立った/15話.彼らは希望を開いた/16話.彼らは愛する方法を知った

更新が遅くなりました。この記事、長くなります。

さて、最終話まで観てしまった。
(1)で疑問のAかBかは教えて戴いたとおり、Aであることが判明した(ありがとうございます!)。
ということは、ララが中心。このドラマはララに捧げられている。
その通りの作りで、ララが死んだあと、タマシイが抜けてしまったかのようなテンポダウンと、説明、まとめに入る作りが残念な出来となってしまった。死んだあとの残務処理が長すぎると思う。最終話の1/4ほどでララが死んでしまい、残りの時間を使ってその後を描いた方が良かったと思うけど…、しかし、ドラマであることを考え合わせれば、これも仕方がないのかなぁ、と。視聴者が納得しないわけで。よくある意見として、「誰と誰がくっついたのかハッキリしてください」、「どうしてこうなったのかキチント説明してください」等々、コワモテの面々が控えているわけで…(笑)。それでお父さんが出て来てしまったわけだ。愛する方法を知るために。描かないことで厚みを増していたこのドラマの良さが、あからさまにチャミョンのバックグラウンドを出してしまうことで(お父さんのことね)、分かりやすいドラマに落ちてしまった。まさに、コワモテの面々に答えてあげたという図式だ。誰と誰がくっついたのか。それはチャミョンとディディです。なぜチャミョンは愛し方を知らなかったのか。それは父を知らなかったからです、と。

つづきを読む »

スポンサーサイト

テキスト系

やややッ、うちは完全にテキスト系、汗。
映画、ドラマサイトで、こんなに画像がない所って、少ないンじゃないだろうか。
使用が許可されている画像は、アマゾンさんが貸してくれる、商品画像だけだから、それに従うとこんなことになってしまいます。
だからといって、キャプチャ等を使っている人を指して、どーこー言うつもりはまったくありません。みなさん自己責任に於いて使っておられるのでしょうから、何様でもない、私ごときが、横から口を挟むべきことではないと、その辺はよく心得ております。
ただ、うちのサイトを読まれる方々は、苦痛だろうなぁ、とは思います、大笑。
適当に読みとばしてくださいませ。基本、ひとりごと、メモ帳です。

ポリスと生き残った

ポリス ~愛と追憶の果てに~/(動画)』、まず1話だけ見ました。
すみません、キムチのように辛い感想文になってしまいそうです。

開始から、約5分後、派手なアクション(OK!)。子どもが出てきてケーキを前にして、待ってもお父さんは帰って来なかった、と言いますよね。その後に、警察官のお父さんは現場へ向かう車のなかで、同僚相手に息子の話をします。このときカメラの位置は車の外です。窓に景色が映っていましたよね。車内で撮った方がいいのじゃないかなぁ、って個人的に思いました。警光灯がまわって緊迫感のある場面なので、ひょっとして、お父さんの心情が掻き消されていくような効果を狙ったのかもしれないけれど、ちょっとぶつかる感じがします。現場へ向かう緊迫した場面と、息子への心情を語るお父さんのシットリとした場面とが、ぶつかってしまい、時間の「進む」と「戻る」が相殺してしまいました。犯人を追いかける場面で息子の話をするのはちょっと難しいかもしれないです。そして、この後、犯人と会い交えます。ところがその前に、子どもが出てきて「お父さんは帰ってこなかった」と言ってあるので、見てる私は、あ、ここでヤラれてしまうんだな、と先に分かってしまいます。もったいない…、どうなるのかと、ハラハラできる場面だったのに、効果減、う~ん、と唸ってしまいました。あと彼女と仲良くしてる所に学校の後輩が突然やってきて、恋人同士のイイ雰囲気に水をさしてしまうんだけど、テンポが少しズレていて、ビョンホンさんのセリフの後に、彼女のセリフが2、3秒遅れて入りました。撮り直しじゃないの!? ビョンホンさんの演技が固まってしまい、「早く入ってください」、って声が聞こえた(笑)。このズレは、その後も幾つか紛れ込んでいます。アマゾンのレビューを読みましたら、原作が漫画で、当時は画期的なドラマとして受け入れられていたと書かれていました。うーん、そうなのか。

その点『生き残った者の悲しみ/(動画)』 は、(すっかりハマってる人 笑)、画の繋ぎ方が凄く上手で、何話だったかなぁ、ディディが夜、窓から下を見ると、そこにララが立っているんですよ? ドキッとしました。過去と現在が入り乱れ、同時に両方とも現在として語っている。なぜならチャミョンにとっては過去になっていないから、過去にしてはいけないという、生き残った者としての使命を背負っているからです(語る人 笑)。だからドラマ全体がテーマに向かっている。ホンが上手、演出も上手、私はもう言うことナシです。セリフが固いのは、これしょうがないと思います。日本でも学生運動を扱った作品は言葉が独特ですから、このくらい固くても、時代背景等考えれば許容範囲内じゃないでしょうか。いやむしろ、時代の空気を表しているとも言えるでしょう。

ところが、どっちのビョンホンさんが格好良く出ているかといえば、『ポリス』です、笑。
熱烈なファンではない私が見ても、それは凄く感じますね。役者さんは自分の魅力が映し出されることを望むだろうし、そのために役者になったンだ、って話も聞いたことがありますが、それで言うと『生き残った~』、ビョンホンさんにとってはビミョーな位置づけかな? 汗

純粋に作品として評価すれば、私的には『生き残った~』を評価するけれど、学校のテストのような模範解答なんて無いわけで、人それぞれ評価する場所が違って当然だと思います。よく作られた映画、ドラマだから、好きな映画、ドラマだとは限らないのだし。
たとえ著名な先生が評価しても、社会全体が良いと言っても、いや私はこっちの方が好きだ、と個人的に作品を愛することができる。映画やドラマは、みんなのもので、同時に私だけの映画、ドラマでもある。偏愛こそ映画やドラマをみる嗜み方だと思う。さまざまな嗜み方を受け入れてくれる、懐の深さ。作品って、映画やドラマって、やっぱり凄いんだよなぁ。大勢の人々と、人生を共有している。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。