スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ビョンホン、ついに世界へ。

イ・ビョンホンがジョシュ・ハートネット、 木村拓哉と香港で共演する。

3人が共演する作品は映画『シクロ』『青いパパイヤの香り』などで有名なベトナム系フランス人監督のトラン・アン・ユン監督がメガホンを握るミステリースリラー『I Come with the Rain』で、米国とフランスが合作投資する。
『パールハーバー』『 ブラックホーク・ダウン』などで韓国にも多くのファンを持つジョシュ・ハーネットが主演を務め、木村拓哉とイ・ビョンホンが準主役として出演するグローバルなプロジェクトだ。映画専門サイト「imdb」(www.imdb.com)によると、イ・ビョンホンは「ソ・ドンポ」という個性の強い役を演じる。
イ・ビョンホンと木村拓哉は来月日本で公開される映画『HERO』で既に1度共演したことがある。4月に釜山で撮影した当時、イ・ビョンホンは韓国人検事として友情出演し、話題を集めた。
これまで公式的には「出演するかどうかは検討中」としてきたイ・ビョンホンだが、17日に香港に渡り、映画の撮影チームに合流した。
映画『いい奴、悪い奴、変な奴』の撮影のため、先月から中国に滞在しているイ・ビョンホンは、この日、香港でジョシュ・ハーネットと初めて対面した。
この作品は来年全世界で公開される予定で、イ・ビョンホンはこの作品を通じてワールドスターへの第一歩を踏み出す見通しだ。

イ・ビョンホン、米仏合作映画でジョシュ・ハートネット-木村拓哉と共演(朝鮮日報)

この情報、ホント!?
ついさっき見つけたばかりで、まだオフィシャルにも出ていませんが、とりあえず…、
すごく嬉しかったと(喜涙)、ひとまずここに書いておきます!

はやくオフィシャルに出ないかな~。
この監督さんについて、ちょっと言いたいことあるし。
『シクロ』『青いパパイヤの香り』だったら私は『シクロ』のほうが好きですが、でもどっちも芸術的で忘れられない映画です、私は好きな監督さんです。
配役について、ちょっと気になる点が…、いやいや、オフィシャルに出てから、ちゃんと書こう。

COMMENTS



こんにちは!
噂が本当になってきたようで、私も嬉しいです。
でも私はこの監督さんの映画を観ていないのです。
わたしのビョン友達はみんな一様にトラン・アン・ユン監督作品をほめていて、このニュースをとても喜んでいます。

そうですか♪トラン・アン・ユン監督の映画はやっぱり良いですか?!
ビョンホンさんは芸術指向とか作品性の高い映画が好きみたいです。御本人にとっても、出演したかった映画なのでしょう。

今撮影のキム・ジウン監督の映画もこの作品も悪役だそうです。
とことん役にのめり込むタイプだから、スクリーンの中のビョンホンさんはとても怖いかも知れませんね。
2本ともクランクアップしても、しばらく悪そうな雰囲気が抜けなかったりして…。(ははは…)

トラン・アン・ユン監督の映画を観てみようかしら?
それとも先入観なしに観た方がいいか…。ちょっと思案中です。

でも、まだ公式FCにはUPされていないし、木村拓哉さんについてもこの映画の事はジャニーズネットのSMAP情報に出ていません。
早くちゃんと発表になればいいのに~。
ビョンホンさんは主役ではないので、どのくらい出番があるのかそれも楽しみです。
木村拓哉さんも出演となれば、きっと日本でも公開されそうですね。
>配役について、ちょっと気になる点が…、
これはリニューアル後でも是非UPして下さいませ~。
そのためにも公式発表早くしてほしーー。

話題はそれますが、
最近、東方神起を聴いてみました。
と言ってもレンタルなので余り揃ってなくて、「sky」を借りました。その中の「明日は来るから」がとても素敵な曲でした。
メンバーの歌の上手さはハーモニーの透明感で分かります。今回はいろいろ言われたようですが、私のように初めて興味を持って聴く人もいます。
力があるグループだから興味を持って聴いてみれば「東方神起はいいなぁ」と感じる人は多でしょう。
今後もファンの裾野は広がると思いますよ。私って楽観的すぎるかしら?

■namomoさんへ

こんばんは!
なんか待ってると、なかなか出てきませんね、オフィシャルに(笑)。
SMAP情報もチェックされたのですね。やっぱりまだですかぁ…。

検索情報ですけど、スケジュールが合わなくて、「出るか出ないか分からない」とおっしゃっていたような。監督さんはもうイ・ビョンホンさんに出演してもらう気マンマンだけど、映画『いい奴~』の撮影中だから、どうなることやら、って話ですよね。
しかしこれは出るとなれば、すごい強行軍となりそうです。
休みナシで次ですから…、汗。

でもでも、トラン・アン・ユン監督の映画に、ぜひ出演してもらいたいです!
なんというか映像の質感が、その辺の映画とは違っていて、人間をより人間らしく描くから、グロテスクで退廃的で、でもそれは絶望的ではなく、「生きてやる!」みたいな、「生きてるぜ!」みたいな、そういう下から突き上げるような生命力の強さが画面いっぱいに溢れ出てくるような…、ってこの説明じゃさっぱり分からないと思いますが(笑)、私は好きな監督さんなので、イ・ビョンホン×トラン・アン・ユン監督だとどうなるのか、すごく興味があります♪
これまた検索情報ですが、たしか準主役だけど重要な役どころだってどこかに書かれていたような。あれ? 悪役なのですね。「とことん役にのめり込むタイプだから、スクリーンの中のビョンホンさんはとても怖いかも知れませんね。」えーっ! そうなんですか。どう撮るのだろう…、完成した映画、早く観てみたいです。もし観れるなら、来年ですよね。きっといい映像を出してきますよぉ。皮膚の毛穴も呼吸しているのだよな、って分かるくらいの、いい映像を出してくれると思います。

>配役について、ちょっと気になる点が…、

あっ、これは、たいしたことじゃなくて…、汗。
あまり大きな声では言えないことなので、書きたいけど書けないだろうと。最初から、この配役でした? なんか途中で変更があったような情報が…。キムタクさんが出るのだとすれば、大人の事情もあるのかなぁ、という、その程度の話でした、すみません、汗。

この映画を足掛かりにして、次も世界へと、行けそうな感じですね!
ファンの期待を裏切ることなく一歩一歩進んで行かれているご様子が、私のような者が見ても気持ちがいいです。オフィシャルにもありましたけど、ビョンホンさんの「努力します」っていうお言葉に、ズシンと重みを感じました。
この映画、決まるといいですね!
期待しています!

それで、東方神起ですが。
あーーー(ひれ伏す)すみません、ありがとうございますぅ。レンタルしてくださったのですね、申し訳なくて…、私がお金払います(どうやって? 笑)。
「明日は来るから」、いい曲です!
「はるかなぁ~」と歌っているのが私の好きなジュンスで、趣味はオヤジギャグです。「まって手」とか言います。自称カリスマで、精神年齢が1歳だそうです、、、って書けば書くほど褒めているのかケナしているのか定かでなくなってきますが(笑)。
いまヤフーでもやっています♪(http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00071/v02174/

>今回はいろいろ言われたようですが、私のように初めて興味を持って聴く人もいます。

そう言っていただけると、ほんとに嬉しいです(泣)。

>力があるグループだから興味を持って聴いてみれば「東方神起はいいなぁ」と感じる人は多でしょう。
>今後もファンの裾野は広がると思いますよ。私って楽観的すぎるかしら?

namomoさん、いい人ですね、泣。
嬉しいです、泣泣。
ありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!度々済みません。
今日もお暑うございます。
配役は確かに変更ありました~。
初めはダニエル・ウーさんが決まっていたのですが、お怪我で降板だそうです。それでショーン・ユーさんが変わることになったそうです。
木村拓哉さんのことは私も最近検索情報で知りました~。

トラン・アン・ユン監督の映画、やっぱり観てみようかしら。
itu:kairousんのお話を伺って期待感が増しますわ。
どうもビョンホンさんは麻薬組織のボスの役だそうです。
怖いかどうかは監督次第ですが、凄みはありそうですよ~。
きょう朝鮮日報をみたら、監督は二面性を巧みに演じ分けられるからキャスティングしたんだそうです。(涙…嬉しい…ちゃんと評価してくれてる)

東方神起…
本当はシングルではなく、まとまって曲の入ったアルバムが聴きたいのですが、近所のレンタル店には無くて(貸し出し中?)、今度又行ったら探してみようと思います。
本当は買えばいいのですが、ビョンホン関連で使い果たしているので…。サイフがカラカラ…。

■……さんへ

こんばんは。裏メッセージありがとうございました♪
『夏至』、美しい映像…!、なんと言うか「自分の映画を持っている」監督さんが作られる映画は、監督さん自身に何らかの変化でも起こらないかぎり、ハズレってのがないですよね。ほんと、ため息モノです。おっしゃるとおり映像が美しいですよね~。なんでこんなに血の通った人として撮れるのだろうかと。その色彩もさることながら、クサイことを言えば、命のきらめき? みんな愛しい? ストーリーとは関係のないところで映像自体がそう表現しているように思います。
あっ、そうです、『シクロ』です。
説明不足ですみません、汗。

>映画の配役についての詳しい説明があるサイトを見つけましたのでご参考になれば(http://eiga.com/buzz/show/8421)。
まだ正式発表じゃないようなので、「管理者にだけ表示を許可」で
お知らせしたいと思います。

ありがとうございます…、感謝です!
発表されたみたいなので、裏メッセージですがこちらに貼り付けておきました。
あらッ! そうなんですか。キムタクが出てるのかどうなのか、今の段階では分からないって話ですよね? 怪情報って…、笑。
1人役者さんが入れ替わるだけで、空気の流れが変わってしまうので、これはぜひ、早めに(笑)公式発表してもらいたいと思います。

■namomoさんへ

こんばんは。お日様にあたると溶けてしまう管理人です。
いえいえ、何度でもどうぞ♪

なるほど、怪我で降板なのですね~。
キムタクに関しては「……さん」から情報を頂きまして、アヤシイみたいです(笑)。

新しい作品を先入観なしに観た方がいいのか、過去作品を先に観ておいた方がいいのか…、う~ん、ムズカシイところですぅ。
いきなり観ると、感動も新鮮で、それも良いかもしれないし…、でも私の説明は毎度のことながら、ヘタなので(笑!)、あまり気にせず、「ふ~ん」ってなカンジで、読んでいただけると有難いです。

、、、ってnamomoさん、公式発表されましたね?
私さっき、見に行きましたヨ。文面が、誇らしいふうで、またまた気分良くなって、帰ってきました。ビョンホンさんに癒されている私です。

正直な話、日本を経由せずに、韓国から世界へと行かれた方が、きちんと評価してくださる方々が、フツーに居るような気がして…。「えー↓韓流でしょう??」みたいな、すごく不当な扱いを受けているような気がして…。韓国人であっても、才能や努力を正当に認めてくれる、日本もそういう社会であって欲しいなぁ、って思います。

監督さんの、お言葉ですが…、うんうん(肯く)、どこかで、誰かが、ちゃんと見てくれているのですよねぇ…、ひとつ1つの仕事と、真剣に向き合っているから、ビョンホンさんの、そういうお気持ちも、監督さんは受け止めてくださって、「この役は君だ!」と、言ってくださったのですね。ビョンホンさん、嬉しかったでしょうね…。

>どうもビョンホンさんは麻薬組織のボスの役だそうです。

監督さんのお話からすると、屈折した人物でしょうか(想像中)。
ぜんぶ英語で?
ビョンホンさんが世界の映画館で映し出されるその日まで、カウントダウンです。私も、楽しみです!

東方神起ですが、ファンの正直な気持ちとしては、聴いてくださるだけで嬉しいです! チラッとエイベックス見ますけど(笑)、ぶっちゃけ関係ないので(ヤバイ)、思い出したときにでもレンタル等で聴いてもらえれば、有難いですし、嬉しく思います。お心づかい、ありがとうございます♪

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。