スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オールド・ボーイ』 チェ・ミンシク

オールド・ボーイオールド・ボーイ プレミアム・エディション
チェ・ミンシク ユ・ジテ カン・ヘジョン

2003年韓国映画。
観たあとに、「ちょっと待てよ…?」と考え込んでしまった。15年間もわけも分からずに閉じ込められてしまったという新味の設定や、歯を抜いたり手を切り落としたりの痛すぎる暴力シーンなどに圧倒されてしまい、なんとなくちからワザで納得させられそうな雰囲気なのだが、ちょっと待てよ、この話、おかしくないか? 人物造形が、なんだか妙だぞ。

まず、15年間も、理由も知らされずに監禁されていた人の、複雑な思いというものは、そう簡単には想像できないけれども、ともかくそこから復讐劇へと転じていくわけだから、「どれくらい悲惨で悲痛なのか」がシッカリと描かれていないと、この後に出てくる、あのお金持ちの弟くんのキャラに食われてしまうんじゃないだろうか。15年という時間の経過を2時間ちょっとの映画のなかに埋め込んで表現していくというのは大変なことだが、壁を削ったり暴れて血まみれになったり手や腕に1年ずつ刺青をしたり云々、そういう描写で長いながい時間監禁されていた者の言葉では言い表せない恨み悲しみ諦め絶望を、はたして表現しきれていたのかどうか、私は疑問に思いました。あまりにマトモで拍子抜け。

主人公を食ってしまっている(と私は感じられた)あのお金持ちの弟くん、これがまた妙でした。主人公の娘の誕生日に決行しているところを見ると、復讐しようと思ったのは、それ以前から、と考えられます。どう復讐するのか。ねじれたインテリらしく、殴ったり蹴ったりはしないでしょう。それはなんとなく分かる。だけども15年間も高待遇で監禁して、出てからも、死なれては困るので高待遇で守り(最後のほうでは室長まで殺す)やたらと手間ひまかけてお膳立てし、主人公と娘をくっつけて、「どうだ?」と。こんなに悠長な、復讐に燃えているキャラは、素朴に言って、おかしいンじゃないですか!? この人物造形は、設定に跪いていると思う。設定が先行してしまい、それに合わせて人物が作られているような印象です。復讐を、腹のなかに仕舞いこんで、何十年も生きているような人は、触れられないほどの、鬼気迫るなにかがあると思うのだが(まるで15年間、主人公と同じように監禁されているみたいにね)この弟くんは設定のなかで、意外にもこじんまりとまとまっていました。

それから娘さんとの近親相姦ですが、韓国では「えぇっ!」っという驚きの場面なのでしょうか。謎解きの謎にもってくるにしては、ちょっと大袈裟じゃないかなぁ、と。クライマックスの場面、主人公が事実を知り、衝撃を受けますが、人物がよく分からなかったせいもあり、「?」でした。

この記事を書くのに、検索でいくつか読ませていただいて、ほとんどが「素晴らしい」と大絶賛、カンヌでもグランプリ、ハリウッドでもリメイク決定と、コキオロシは他にいないのか? というカンジですが、なんとか最後まで観て思うことは、おそらくこの映画は、こんなことが言いたかったのではないのかと、私なりの感想を。

復讐が生きがいになること。それから近親相姦。すべては孤独が根もとにあり、どうあがいても埋められない隙間はアリ地獄のようで、そこに他者を引きずり込み、自分と同じような孤独で渇いた人を再生産しようとする。
アリ地獄のなかで、愛し合う者たち。
「獣にも劣るだろうが、それでも、生きていたって、いいんじゃないですか?」


COMMENTS



COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007/11/04 サンスポ芸能

★ユ・ジテ 来日中の韓国俳優(31)。主演映画「ノートに眠った願いごと」(キム・デスン監督)の初日舞台あいさつを東京・シネマート六本木で行い、「みんなで一体になって、まるで工芸品のように丁寧に真心をこめて作りました」とPR。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。