スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の韓国映画、背水の陣。

新しいストーリーなどどこにもない、と過去記事に書いた。
どこかで観たことがある、聞いたことがある、所詮焼き直しのストーリーを、いかに魅力的に新しく描くか、オリジナリティーはここでこそ試されている。「韓国」に拒絶反応を示し、パクリでしょ、というのがそもそも特別視した観方で、逆に言えばそれだけ「韓国」に取り込まれているとも言える。韓国だけではない。世界規模でパクリ、パクられている。言い方を変えたらどうかと思う。世界規模で学び合っているのだ。良い所は真似たらいい。フツーに素直に真似たらいい。私のところだけでなく、国単位で特別視したりはしない、映画サイトの管理人さんであれば、韓国映画の学びの上手さを評価する人は多いと思う。私もお邪魔して随分と拝見した。やっぱり、そうだよね、と思った。たとえば日本原作ものを韓国映画が作り直すとき、韓国映画の方が断然面白くなっている。具体的に題名は出さないけれども、ほとんどが面白く作り変えられている。設定は同じでもストーリーの中心から韓国のものとして作り直されているのだ。やってみれば分かるけど、口で言うほど簡単な作業ではない。ましてや本家より面白くしようと思えば、それこそオリジナリティーが問われているというものだ。同じ景色を見て、別の感想を述べる、しかも最初に述べられた感想よりも、面白い感想を言わなければいけない。その大変さは並大抵なものではない。

その韓国映画が、2008年、背水の陣を敷いているというのだ。
記事が出ていた。

一世一代の大勝負…『良い奴、悪い奴、変な奴』
キム・ジウン監督の作品が好きではない映画関係者でも、「ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソンの3人が主演する超大型プロジェクトに今年韓国映画の運命がかかっている」という考えは同じだ。30‐40億ウォン(約36‐48億円)の制作費をかけたものの、企画は似たり寄ったりだった昨年の映画はほとんどが失敗した。それだけに、今年は大作への依存度や期待がさらに高まっている。純粋な制作費だけでなんと150億ウォン(約18億円)を軽く超えるとの声もあるが、配役や設定だけでも十分好奇心をそそられる08年最大の話題作。
「起死回生狙う韓国映画、08年は想像力で勝負」(上)(朝鮮日報)



そしてこの記事の(下)の方に、2008年の期待作として何本か紹介されていた。
制作費別の期待作 先日ご紹介したキム・ギドク監督の『非夢』も入っている。

韓国映画だけでなく、世界的に頭打ちの感が否めない。
世界的に、所詮焼き直しのストーリーを、さらに面白く語ることの難しさがここにある。
といっても、じっさいに興行収益としての数字を叩き出していかなければいけない、現場の苦しみもあるだろう。想像力を駆使して、より魅力的なものを作り出していこう、という意気込みだ。現実は厳しい(苦笑)。
記事にも出ているが、そのための用意は整えられている。「配役や設定だけでも十分好奇心をそそられる」と。『良い奴、悪い奴、変な奴』の写真をぜひ見て貰いたい。この表情だ。もうパクリなどとは言わせない。魅力的な新しいものを作り出していく。この表情が、その覚悟のほどを物語っているようだ。


COMMENTS



COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。