スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花影、韓国ツートップ、イ・ウンジュさん。

キム・レウォンと山本未來による映画『花影』が、3月8日より全国順次ロードショー。
キム・レウォンさんは『屋根部屋のネコ』と『愛してると云って』の、2本のドラマでしか見たことがなくて…。『愛して~』は凄いドラマだったなぁ。ヘタな役者が演じれば底の浅い昼ドラになりかねない、危うい所を通って寂しいけれど欲望にまみれた恋を表現していた。演出も冴えていた。こんなこと韓ドラでしか出来ないと思う。
山本未來さんは映画『不夜城』で見たことがある。ごめん、本音で書くと金城武さんをクった演技で良かった。金城さんは映画『恋する惑星』の方が良かったかも、と個人的に思う。
「善悪の2面性の狭間(はざま)で悩み、苦しむリアルな女性の心模様を、メロドラマで書きたかった」脚本家の市川森一さん。
「日本と韓国の垣根を取り除くような映画を作りたかった」河合勇人監督。
韓国って近い国なんだけど、やっぱり外国で、文化の違いは相当に大きく、あらゆる場面で「感覚」の違いを感じる。なのに作品となれば理解できたりよく分かったりするから不思議。表面的に解釈しちゃいけない、ってことなんだよなぁ。みんな生きた人間で、痛みもすれば喜びもする。
こんなふうに互いに行き来して、一緒に汗を流してドラマや映画を作ることが素晴らしいと思います。主題歌は、sg WANNA BE+ の大ヒット曲。アリランって、このアリラン? 自分の国の言葉で歌っているところがいいですね~、沁み入る。 
朝鮮日報の記事
『花影』(オフィシャルサイト)
キム・レウォン ジャパンオフィシャルファンクラブ
sg WANNA BE+ オフィシャルサイト

「韓国映画界は今…俳優ツートップ時代(Cinem@rt)」だそうです。
ピョン・ヒボンとシン・ハギュン主演の『ザ・ゲーム』、キム・ユンソクとハ・ジョンウ主演の『追撃者』と、興行的にも成功している様子。公開が予定されている映画もツートップが続き、アン・ソンギとチョ・ハンソンの『マイ・ニュー・パートナー』、ソン・スンホンとクォン・サンウの『宿命』、ハン・ソッキュとチャ・スンウォンの『目には目を歯には歯を』、とまだまだ続きそうですが…。
コントラストを、より強く出そうと思えば、ツートップは効果的だろうなぁ。白をより白く見せるために、黒をより黒く見せる。双方主役にしてぶつければ、最大限、観ている人へとガツンと迫る。
しかし、ここでも忘れてならないのは、演技力が一定水準以上なければガタガタになってしまう。ホンだけ良くてもダメだし、監督や演出だけがんばっても期待した効果は得られない。チームワークの大切さを思う。今の日本の若い役者に出来るかなぁ(汗)。そういえばフジの『東京タワー』、あれは凄かった。主役を周りがガッチリ支えて主題歌まで支えてくれて、ようやく泣けた(笑)。日本もがんばれ~。

2005年2月22日に亡くなったイ・ウンジュさんを偲ぶ会が韓国で行われていたらしい(朝鮮日報)。私生活に近い、そのままの彼女の画像を、どこかのサイトで見たけれど、年相応のフツーのお姉ちゃんで、映画の何かで遊びに来たという画像だったけど、まるで雰囲気が違っていて、驚いた。いかに自分に負荷を掛けて懸命に演じてきたのか。カメラの前に立てばそこは戦場だ。一見華やかな表舞台の裏側を私たちは決して知ることができない。「みんなに愛されている人は、誰にも愛されていないのだよ」、と友達が言っていたけど、そうかも知れないし、そうでないかも知れない…。



COMMENTS



COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。